ギフトフラワーの通販を利用する時は栽培農家直送の通販を選ぶ

ギフトフラワーの通販を利用する時、やっぱり、生産者である栽培園から直接発送する、栽培農家直送の通販店を選ぶようにしましょう。
どうして産地直送がオススメかというと、卸市場を経由しないので、時間の経過が少なく、花の鮮度が保たれ新鮮なこと、流通経路が短縮され、その分のコストが価格に反映されやすくなるためです。胡蝶蘭の通販も同じで、栽培している農家さんからの産地直送が一番です。

胡蝶ランを送る際は、大切なものの一つにラッピングがあります。例をあげると、ピンクのラッピングは可愛い印象を与え、落ち着いたうす紫のラッピングはお盆や法事にも利用できます。

評判の良いフラワーギフトの通販店は、ほとんどが、色を選べるラッピングサービスを無料で行っています。

花を送る際のメッセージカードなども、通常セット内に含む通販ショップが多くなってきています。入院している人のお見舞いには、 気持ちを癒すため、美しい花を贈るのも良いことですが、鉢に根が植えられた花は「根が張る」としてマナー違反です。

胡蝶蘭を入院してる人に贈る場合は、花束にアレンジするなどして、鉢植えの状態で贈らないようにしないといけません。タブーとされるこの事を理解していれば、胡蝶蘭は花粉もニオイも少ないですから、味気ない病室に癒しをもたらしてくれるものです。

携帯でネットが出来るようになった昨今では、フラワーギフトの通販サイトも、現在は携帯端末から利用できます。しかも、様々なサービスも充実していて、札へのメッセージ、ラッピングの種類などまで個別に無料で行ってくれます。
配送やお届けについても言えることで、全国スピード配送や条件を満たせば、当日配達にも対応しているお店がたくさんあります。

フラワーギフトも便利になったものです。

胡蝶蘭が花ギフトとして選ばれるのは理由があります。例をあげると、その優美な美しさ、そして、素敵な花言葉や日持ちの良さが挙げられます。

普通の花束は、数日でしおれてしまったりして日持ちしませんし、こういった理由からも、数か月咲き続ける胡蝶蘭は喜ばれるわけです。

大切な人やビジネスシーンで贈る花ギフトは、やっぱり胡蝶蘭にする人が圧倒的に多いわけです。貰った胡蝶蘭の育て方に関してですが、ほとんど手間がかからないんです。

お水をあげるのは1週間に一回くらいで済みますし、一度花が散っても植え替えすれば毎年花を咲かせます。

ただ、寒さには弱いので、冬場は屋内で15℃~20℃位の場所に置いてあげないとダメです。
それと、直射日光もダメなので、置き場所は選んであげましょう。

選ぶ胡蝶蘭の値段は、贈る場面や、関係性によって変わってきます。

親しい人へのプレゼントであれば数千円のオシャレな胡蝶ランで良いですし、取引先などであれば2万円以上の立派な大倫胡蝶蘭が良いでしょう。

どちらの場合も、胡蝶蘭の値段が花屋より安いのがネット販売で、商品によっては50%OFFになったりします。

ネット販売では卸売市場を経由しないい店が多く、栽培農家からの産地直送がおおいためです。

胡蝶蘭を贈るシーンというのは、祝いのシーンだけでなく、お悔やみの場に贈るなんてケースもあります。

花言葉に「純粋な愛」を持つこちょうランは、哀しみに染まった人の心を癒すとされてて、葬儀などの場面でも贈ることはマナー違反ではないそうです。

胡蝶蘭の歴史の始まりは、19世紀に貴族や裕福層の間で起こったヨーロッパの欄ブームで、その神秘的な美しさが、より綺麗な品種を探すきっかけとなって現在の胡蝶蘭の原種発見に繋がったわけです。
胡蝶蘭には様々な種類がありますが、 分類すれば、花のサイズ別によるものが挙げられます。一番イメージしやすく開店などで見かけるのが、大倫胡蝶蘭と呼ばれる種類で、最も花が大きい種類です。
そして、親しい人へのプレゼントや母の日のギフトなど、少し価格の安いミディサイズという胡蝶蘭もあります。選ぶ基準ですが、贈り先との関係性やシーンによって大体決まっています。
胡蝶蘭の栽培方法ですが、寒さが苦手なのは、知っておいた方が良いですね。

元々の原産地は東南アジアの暑い地域ですが、暖かく明るい日陰で暮らしていたので、実は、直接陽の光が当たるのも良くないんです。
適温は15℃から20℃前後くらいで、置き場所は通気性にも配慮してあげなければいけません。水やりは頻繁にする必要はなく、胡蝶蘭の鉢の表面が乾いてきたら与えるようにするくらいです。

こちらもおすすめ>>>>>胡蝶蘭お急ぎ便@最短即日のスピード配達!エリア拡大中の通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です