ニオイや花粉の量が微々たる胡蝶ランはギフトに最適

入院患者のお見舞いに、気もちを和らげるため、美しい花を贈るのも良いことですが、鉢に根が植えられた花は「根が張る」としてマナー違反です。優雅な胡蝶蘭を持ってお見舞いに行くときは、鉢植えでなく、ブーケなどにアレンジして、鉢植えの状態で贈らないようにしないといけません。

そのポイントさえ押さえておけば、ニオイや花粉の量が微々たる胡蝶ランは、殺風景な病室を華やかにして、入院中の人の心を癒してくれるでしょう。

頂いた胡蝶蘭が枯れてしまったら、どう処分していいか分からない場合もあるでしょう。こういっ立とき、便利なのが、胡蝶蘭(コチョウラン)の引き取りサービスなんです。

処分する事情は様々で、取引先から貰った花を一定期間置いて処分するケースや、枯れてしまう等、数が多い場合でも、一鉢しかない場合でも対応が可能です。サービスを利用しないのならば、ご自身の責任で処分するしかありませんが、手間でも、燃えるゴミや燃えないゴミに分別して、捨てるしかありません。

お祝いに贈る花として胡蝶蘭が人気なのはワケがあります。

例をあげると、見た目の華やかさや豪華さ、そしてまた、日もちの良さや香りの少なさも理由にあげられます。

普通に贈られる花ギフトならば、直ぐにしおれてしまい日もちしませんし、沿ういった意味でも、一ヶ月~二ヵ月も日もちする胡蝶蘭が好まれているのです。

お祝いに贈る花としては、胡蝶蘭をチョイスする方が圧倒的に多いためす。
ギフトフラワーの通販を利用する時、やっぱり、生産農家から直接届けてもらえる、生産農家直送を採用している通信販売店が良いですね。なぜ、産直をお勧めするのかというと、流通ルートである卸市場を経由しないため、時間の経過が少なく、花の鮮度が保たれ新鮮なこと、流通経路が短縮され、その分のコストが価格に反映されやすくなるためです。

胡蝶ラン(コチョウラン)の通販も同じで、栽培農家からの直送がお奨めです。出店祝いや開店祝いに贈る定番と言うと胡蝶蘭ですが、会社同士でないなら、10000円~30000円が相場です。

ここ最近は、通信販売ショップを利用する人も多く、コチョウラン(コチョウラン)の通販専門ホームページのサービスもかなり進化しました。日本古来の花ではありませんが、明治時代に日本にもち込まれた沿うです。咲いた様がまるで蝶のように綺麗なことから、胡蝶蘭(コチョウラン)と名付けられた沿うですが、綺麗さだけでなく花ことば(幸運を運んでくる)も喜ばれる要因なんです。

胡蝶蘭の栽培方法ですが、寒い所が不得意なのは、知っておかなければいけません。熱帯地域が原産地なのですが、明るい日陰で生息している為、実は、直接陽の光が当たるのも良くないんです。人間が心地よいとされる15℃~20℃前後が適温で、置くとことは通気性も考えてあげましょう。水やりは頻繁にする必要はなく、鉢の根元の表面が乾燥してきたらコップ一杯くらい与えます。花ギフトで胡蝶蘭を贈るというのは、開業など人生の門出だけでなく、お悔やみの場に贈るなんてケースもあります。

花ことばに「純粋な愛」を持つ胡蝶蘭は、悲しい気もちをいやしてくれると言われていて、お悔やみの場に贈ってもマナーに反するこということはありません。胡蝶蘭が広まるきっかけは、19世紀のヨーロッパで起こった欄ブームだ沿うで、高貴で美しい花を咲かせる様子が、新種をもとめるきっかけになって、今の胡蝶蘭を発見するに至るわけです。

フラワーギフトの場合、ラッピングも大事ですね例えば、赤いラッピングは豪華な印書言うを与え、薄紫のラッピングなら落ち着いた印象で法要やお彼岸でも使えます。
昨今の通販ショップでは、すべて、無料でカラーを選べるラッピングサービスがあります。

胡蝶蘭を送る時の立札なども、サービスに含んでいる通販店が増えてきています。胡蝶蘭にもいくつか種類がありますが、 分類(素人には全く意味がわからないことも少なくないでしょう)すれば、咲かせる花の大きさ別のちがいあります。

最も多く目にするのが、大倫という一番花のサイズが大きい種類です。

そして、個人的なプレゼントや、記念日のギフトなど、少し価格の安いミディサイズというコチョウランもあります。

使い分けですが、贈る相手や場面によって相応しいものが決まっています。ビジネスシーンの設立記念でも、胡蝶蘭をお祝いの花にチョイスすることが多いですが、贈り方の慣習などについては、頭に入れておいた方が良いと思います。

立とえば、赤一色のラッピングは「火」から家事を連想指せるため、赤系一色の胡蝶蘭は送らないようにしましょう。

後は、立札については絶対に忘れないようにしましょう。

誰から届けられたのかを分かりやすく、相手先に手間をかけないようにするためです貰った胡蝶蘭の育て方に関してですが、そんなに難しいことはありません。1週間から10日程度に一回の水やりで良いですし、鉢に植え替える方法も難しくないです。

しかしながら、寒さには強くないので、冬場にベランダに出したり、庭に置いたりしては駄目なんです。それから、強すぎる陽射しを当てるのもダメなので、暖かくて落ち着くところが良いですね。

チョイスする胡蝶蘭の価格は、 贈る場面や、関係性によって変わってきます。

恋人や夫婦のギフトならば3千円程度のミディ胡蝶蘭で十分だし、シゴト関係ならば大倫の3本たて胡蝶ラン(コチョウラン)以上を選ぶのがマナーです。どちらにしても、コチョウランの値段が花屋より安いのがインターネット販売で、時には6割ほど安く購入出来たりします。

これは中間コストを削減しているショップが多いためで、生産農家から消費者へ直接発送してくれるからです。

PR:胡蝶蘭の通販ランキング 新鮮で安い人気店ベスト7