高品質な蜂蜜の条件と言えば、まず、無添加であること

ニュージーランド原産のマヌカ蜂蜜ですが、マオリ語で「マヌカ」と呼ばれる木の原産地は、オーストラリアが原産地なんです。

マヌカハニーの「マヌカ」はマオリ語な所以なんですが、同じ種の植物から摂れる蜂蜜ということで、マヌカの商標を巡って使用権を主張しています。

ただし、今の時点では、ニュージーランド原産のものだけが、本物のマヌカはちみつと呼べるでしょう。

高品質な蜂蜜の条件と言えば、まず、無添加であること、それと、非加熱処理であることなどが考えられます。簡単に言えば、自然の摂理に逆らうような、加工を行なわない純粋なハチミツが最高だということです。

天然の蜂蜜を抽出し、手を加えず、不純物を取り除いた程度のハチミツこそが高級品なんです。NEW ZEALAND産のマヌカハニーも同じで、高級なものほど完全オーガニックです。

蜂蜜をすくうとき、まあ、だいたい匙を使うと思うのですが、素材が鉄などの金属で創られているものだと、抗菌作用が低下するという噂があります。

それが立証されているかどうかは分かりませんが、気になる人も多いようで、木製や陶器製のスプーンがセットで売れています。
ピロリ菌を殺菌すると言われるマヌカハニーでは尚更みたいで、木製スプーンがセット販売されていたり、ネットショップの注意書きにも、金属製スプーンにNGを出してるケースが見受けられます。
抗菌力に期待してマヌカハニーを食べるなら、金属以外の素材で創られているスプーンを選ぶほうが良いみたいです。このところフェイ―チャーされてるマヌカ蜂蜜ですが、粗悪品とも言える偽物がたくさん販売されています。

本当のマヌカハニーは、マオリ語でマヌカ(学名:ギョウリョウバイ)と呼ばれる木の蜂蜜だけで、独自の強い抗菌活性物質を含んでいます。生産地も限られ製造工程も自然に逆らわない手法で、生産量が僅かなため、蜂蜜よりも値段が高くなるのはいた仕方ないところです。こういった背景に便乗し、マヌカハニーの抗菌活性力を高く偽って販売する業者も多く、本物のマヌカハニーと勘違いして購入する消費者も多いようです。

ニュージーランドのマヌカハチミツと一般的な蜂蜜の違いですが、マヌカだけに含まれる高い抗菌成分、メチルグリオキサールの含有が挙げられます。一般的な蜂蜜にも過酸化水素に由来する殺菌成分が含まれますが、ピロリ菌などをもやっつける、マヌカ独自の強力な殺菌作用を有しています。

生産国であるニュージーランドだけでなく、世界各国で、一定以上の殺菌活性力をもつマヌカハニーを、アクティブマヌカハニーと呼び、お医者さんが処方したり、治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)薬として用いられます。
耐性を持ったウィルスをも抑制出来ることもあり、マヌカハニーには耐性を創れないとの研究結果も出ています。

赤ちゃんには蜂蜜を与えないようにしましょう。

ボツリヌス菌(Clostridium botulinum)という細菌が混入してることがあって、間違って食べ指せた場合、乳児ボツリヌス症になるリスクが高いでしょう。成人だったら、ボツリヌス菌が腸内細菌に勝てないので安心ですが、未発達な腸内環境のお子さん(1歳未満)は、ボツリヌス菌の芽胞が発芽してしまう高リスクを抱えているので、1歳に満たない子いっしょには、蜂蜜を与えないよう母子手帳にも掲さいがあります。

強い殺菌作用が話題のマヌカハニーも同様で、1歳未満の赤ちゃんには与えてはダメです。

普通の蜂蜜より殺菌作用が強いマヌカハニーなら、5歳以上が無難でしょう。

自己免疫疾患がある方は、ボツリヌス菌が入り込む可能性が高いはちみつは摂取しないようにしてちょーだい。
理由としては、自己の免疫を抑える薬を飲んでいるからです。体内の免疫力を弱める働きがある所以なので、ボツリヌス菌が混入していた場合には芽胞が発芽してしまいます。

つまり、ボツリヌス症になる危険性が高い所以です。

それと、ニュージーランド産のマヌカハニーも同じです。

参考にしたサイト⇒熊野牛を通販で買うなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です